翻訳発注のコツ

翻訳発注のコツ

翻訳のクオリティと価格は、様々な要素によって決まります。 必要な品質の翻訳をより安価に発注するには、いかに過不足なく適切にオーダーするかがポイントとなります。 弊社では、お問合わせをいただいた際に、必要な事項をヒアリングさせていただいており、お客様にとって、最も良いものをできるだけ安くご提供できるようコーディネート(プロセス設計)させていただきます。 他社への相見積をお考えの場合は、下記ポイントを念頭に問い合わせをされることをお勧めします。

1.翻訳の精度

翻訳にどの程度の精度を求めるかは、翻訳文をどのような用途に使うかによって変わります。 公式文書など重要な書類の翻訳に安い翻訳者を使うと取り返しのつかないトラブルを招きますし、参考に読む程度の資料の翻訳に、多くの工程を伴う翻訳プロセスでは、コストと時間がムダとなるケースがあります。

2.訳文の自然さ

直訳調のほうがよいのか意訳ぎみに翻訳したほうがよいのか。
これはどちらがよいということではなく、翻訳文の使用目的から判断します。一般に契約書、レポート、作業マニュアルなどは直訳調で翻訳することが多く、あいさつ文や広告に使われるキャッチコピーなどは意訳調で翻訳するケースが多くなります。

ポイントとしては、

文章内にある情報を過不足無く伝えたい場合は、「直訳調」ぎみで。文章内にある情報や文章構成を若干変更しても読みやすさや原文の雰囲気を重視したい場合は、「意訳調」ぎみに翻訳することが必要です。

価格面でいうと、校正時間が長くかかる分意訳調のほうが高くなります。 直訳調と意訳調のふたつにひとつということではなく、バランスのとれた翻訳を仕上げるためにも翻訳会社の担当者とよく相談して決めていくことが大切です。

3.専門用語の正確さ

専門用語についてどの程度適切に翻訳できるかは、翻訳の品質において大きなポイントになります。専門用語の適切さが重要な場合には、翻訳者の選択(=翻訳会社の選択)は慎重に行わなければなりません。料金は専門性が高くなるほど上がるのが通常ですが、文書が専門的であっても、翻訳では用語の精度を問わない場合(=発注者側で専門用語のチェックをするなど)は、コストを大きく下げることができるケースがあります。

4.校正

出版レベルの校正、通常の文字校正、校正無しなど、校正の程度によっても料金は変わります。校正といっても専門的には、大きく下記のような校正があります。

  • 「リンギストチェック」
    翻訳後の言語(英日翻訳であれば日本語)の運用能力のすぐれた者が、文章としての完成度を高めるために行うチェック。
  • 「ネイティブチェック」
    リンギストチェックのなかでも特に外国語への翻訳の場合、ネイティブチェックと呼ぶことがあります。翻訳業界では「ネイティブチェック」といいながら、文法ミスのみのチェックだけの場合も多く、また本来のリンギストチェックのレベルまで行う場合もあり、確認が必要です。
  • 「テクニカルチェック」
    専門性の高い文章では、その分野に通じている第三者のチェックを行うことがあります。テクニカルチェックの担当者は、外国語が堪能な場合もあれば、翻訳後の言語(英日翻訳であれば日本語)のみしか理解しない場合もあり、一概にどちらがよいというわけではありません。

翻訳の意味があっていれば、多少の誤字脱字くらいはあっても構わない、または多少読みにくい文章でもかまわないという場合は、校正工程を省略することによりコストを下げることができます。

5.入稿形式

原稿の形式によりコストが変わります。一般にテキストファイルやMSワードファイルがもっとも安くなります。紙(ファクス・コピー)の場合やテキスト抽出の難しいファイル形式の場合は高くなります。

ただし、翻訳後のレイアウトの手間を考えると、必ずテキストファイルがいいというわけではありません。翻訳会社の担当者とよく相談してベストプロセスを提案してもらいましょう。

6.納期

案件の連続性が高く、蓄積できる翻訳データが多ければ多いほど、クオリティ、スピード、コストあらゆる面で有利になります。

7.図表・DTP・印刷

図表やレイアウト等は必要なければ省くことによって安くなります。必要な場合は、それぞれを別の業者に依頼するよりも、一括して発注した方が一貫した作業となり、クオリティ、コストともに有利となることが多いといえます。

8.参考資料

社内用語集、過去の翻訳データ、その他参考資料など、翻訳で参考となる資料の提供は、希望レベルの翻訳を入手するために重要な要素です。

このページの先頭へ
さらにお得なサービス
さらにお得なサービス

その他、お急ぎの案件だからこその『至急割引プラン』もございます。
詳しくは翻訳料金のページをご覧ください。

このページの先頭へ
Copyright(c) Since 2006, 1click division. All rights reserved. Reproduction without prior permission prohibited.